審査のときに嘘をつくとどうなるの?

専業主婦の方は収入がないため総量規制対象となる消費者金融や貸金業者から借り入れすることは出来ません。
ですが配偶者の方に継続して安定した収入があれば総量規制対象外の銀行カードローンへの申し込みは可能です。

 

キャッシングできる額は金融機関にもよりますが専業主婦枠というのが設けられておりだいたいどこも30万円から50万円くらいになります。
もちろん借入限度額が高めの銀行もあります。

 

審査対象となるのは利用する専業主婦の方です。
申し込み内容に間違いや嘘の入力がないか過去に他社からの借入で延滞債務整理自己破産複数の金融機関から借入などがないかということです。
特に他社から借入がある場合は少なめに金額を入力しても金融機関同士で情報は共有されてますのですぐにわかってしまうのです。
申し込む前に既に借入がある場合は件数と借入残高を少しでも減らすようにしておいた方がいいです。

 

入力内容に間違いがあったりすると慎重さ誠実さに欠けると判断されたり場合によっては虚偽と判断されてしまいます。
ネットから簡単に申し込み出来ますが必ず見直すようにしてください。
短期間に複数のカードローンに申し込んでいる場合もそんなにお金が必要なのかそんなに困ってるのかと思われ審査では不利になります。

 

契約時に登録する連絡先ですが携帯電話だけではなく自宅に固定電話もある場合は両方登録するといいです。
在籍確認は配偶者の方の勤務先ではなく利用する本人の携帯電話にして頂けるので安心して申し込むことができます。