銀行でキャッシングする方法

金融機関からお金を借りたい場合、さまざまなサービスがあります。
例えば住宅ローンやマイカーローン、カードローンなど利用目的が決まっているものを目的ローンといいます。
この場合、銀行側が支払先に立て替え払いをしてくれるので、利用者は銀行に毎月決まった返済額を支払います。

 

一方、カードローンは、目的がなくても借りられるフリーローンです。
カードを1枚作っておくとATMから気軽にお金を引き出すことができます。
もちろん利用金額には限度があります。
審査により最大融資限度額が決まれば、利用可能枠の範囲で何度でもお金を借りることができます。

 

カードローンの申し込みは、電話や窓口、インターネットなどさまざまな方法でできます。
必要書類を提出し、本人確認が終了したら手続きは終わりです。
登録した預金口座に振り込みされます。
限度額は金融機関により異なります。
銀行の場合、営業日内に手続きできるようにしましょう。

金融業者の種類と違い

カードローンには消費者金融系、銀行系、信販系の3つがあります。

 

消費者金融系は、個人向けの小口融資が中心で融資実行までのスピードが早いのが最大のメリットです。
デメリットは、銀行と比べると金利が高めです。消費者金融を利用する場合は、借りる金額や返済期間などを考慮し、各社で比較することをオススメします。
また、総量規制対象となるため、専業主婦など無収入の方は借りることができません。

 

銀行系は、銀行や信用金庫が提供するカードローンなどのことです。
メリットは、1つは金利が消費者金融と比べると低めであることです。
もう1つは、総量規制法の対象外であることです。
総量規制とは、個人の借入総額が、年収などの3分の1までに制限される仕組みのことです。

 

そのため収入証明がなくても申し込みが可能となっています。
融資実行までに時間がかかるなどのデメリットもあります。

 

信販系は、クレジットカード会社が提供するキャッシングサービスです。
クレジットカードをすでに持っていて、キャッシング枠がある場合はすぐに利用できます。
ATMなどで時間や場所に左右されずにキャッシングが可能となります。

 

ただし、金利は銀行と比べると高めです。
また、一からキャッシング・ショッピングカードを作るには時間がかかります。
お金を借りる時は、分割払いなど返済方法を決めて、自分の目的に合った返済シュミレーションが大切です。

関連サイト

専業主婦でも借りられるカードローン

●かんたんWEBで申し込み完結!専業主婦でも借りられるカードローン特集!!

●http://www.syufeel.com/lp/cardloan01.html
サイトの解説⇒銀行キャッシングは専業主婦がお金を借りる唯一の手段です。
家族に、特に旦那には絶対内緒で借りたい・完済できるか不安など、専業主婦がカードローンに申込む際に不安に思うことを取り上げて解説しています。
安心して申込むために要チェックです。